2007年1月1日〜2008年8月23日まで高木担だった人のおはなし。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
思うことを書いてみる
あああごくせんにまったくついていけない。
ヒット祈願とか全然知りませんで、もちろん撮ってもなく、朝会社の新聞見て、
出るのか…orzってなりました次第でございます。
もういいやゆーちゅーぶとかにアップされたらちょこっと見ればよくね?
って感じですぐ諦めました。わたしごくせんにがっつけません…。
って言うか全然ついていけません。めんどくさい…録画めんどくさい…。
しかし、さっきお母さんと電話してて、ふと聞いてみたんだよ、
まさか昨日とかやってたごくせんのヒット祈願なんて撮ってないよねえ…?と。
わたしの母ってつくづく神…というかジャニヲタだなあと思った。
撮ってあるってよ!全部ばっちりだってよ!(笑)
もうお母さんグッジョブです。頼んでもないのにいろいろ撮ってくれるんだけど
さすがにわたしが高木好きなことは百も承知なのでね、
撮ってくれてたみたいです、お母さん。もう頭上がらないわ…(笑)
そんな感じで明日実家帰ったら見ます。諦めてたけど映像があるとなると、
早く見たい!って思う。あー早く帰りたいなー♪

そんな小話はさておき、最近ね、上でもちょろっと書いたけど
ごくせんやらいろいろがめんどくさいんです。何て言えばいいのかな…
高木にそこまで必死になれない。あー出てたの?あっそう。←こんな感じ。
どうしたもんかね。じゃにーずよりもDぼーいずとか水嶋ヒロくんとか
そっちに走ってしまった所為ですかね。じゃにーず今つまんない…。

とかそんなことをふと思って気付いたけど明日はJUMPコンなのか。
早いなあ…っていうか実感ないなあ。まあ行かないしね。頑張ってね。
…ほら、こんな感じにしか思えないんだよ。ほんとどうしたもんかね…(笑)

何だかすごーくマイナスっていうか嫌なことしか書けないんだけど、
まあここは思ったことを書くところだからぐだぐだ書いてみるね。

わたしにとって高木雄也っていう存在は、わたしの中に居て当たり前で、
好きで当たり前。そんな存在。好きでいることが常に普通の状態って言うのかな。
嫌い、とか考えたこともないし。好きでいることが当たり前だから、
わざわざ好き!とも思わない。うまく言えないけどそんな存在なんだ。
だから、わたしが高木雄也を嫌いになるときってどういうときなんだろうって
ちょっと考えたのね。去年11月のありえない事件が起きたときは、
本当に高木に幻滅して、本気で嫌いになりそうだった。
少なくともあの瞬間は、嫌いになったと思う。情けなくなったもん。
だけどそのときも嫌いなんて思いはすぐ払拭されたんだよね。
やっぱり好きだから。わたしの中から高木が消えてしまうってことが、
全然想像なんてできないし、考えられない。自分が高木担であることが、
本当に当たり前すぎて、それ以外考えられないんだよね。
だから、今なんかがっつけなくて、高木の記念すべきごくせんドラマも、
録画めんどくさい…ついていけない…って思っちゃうのは、
何なんだろうって思う。自分でも分かんないんだよね。何なのほんとに…。
嫌いじゃない。そんなわけない。だって嫌いになる理由がない。
ただ、ちょっと落ち着いてるだけなんだろうな、って思う。
きっと、わたしの激しいミーハーぶり故、じゃにーず以外のいけめん達に
うはうはしてるからこんな感じになったのかな。うん、きっとそうだな!(笑)

何だかぐだぐだと意味の分からないこと並べましたけども、
わたしは至って元気です。別に病んでません(笑)
ただ自分の高木熱の下がりようにびっくりして考えてみただけです。
そして結論は、他の人に浮気してるからだ!ってことだと思います。
ふざけた奴ですいません…(笑)

わたしにとって高木はそこに居て当たり前の存在。
わたしが高木を嫌いになるときは、
あいつっていう人間を心から嫌だと思ったとき。
いろいろな言動行動を知った上で、わたしは高木担をやってます。
画面上、舞台上だけを見ているわけではありません。
今まで自分がやってきた行動は、奴のオフを知る行動です。
直接的なことを誰が見てるか分からない公共の場で言うことは避けますが、
そういうことをわたしはしてきました。
高木と道端で握手したり、会話をしたり。キレイに書けばそんなとこ。
高木のいろんな姿を見て、または聞いてきたつもりです。

それでも、わたしは高木雄也が好きです。嫌いだと思ったことはありません。
いろんな面を見ても、知っても、わたしの中での高木のポジが変わらないのは
わたしにとって高木がそういう存在だから、だと思います。

あーあ結局何が言いたいのか分かんなくなっちゃった…(笑)
ひとりごと - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>