2007年1月1日〜2008年8月23日まで高木担だった人のおはなし。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
おかえりとありがとう
そういえば今更な感じもするけど、ちゃんと書きたいので書きます。

航大、おかえり!

またきみの姿を見ることができて、本当に嬉しいです。
違う道でも、頑張ってる航大の姿が見れて、本当に嬉しい。
久々に航大の姿を見たら、何だかすごく懐かしい感じになりました。
きっと今までの経験は、これからの糧にできるから、
いろんなことがあって、良かったとは思えないけど、
そういういろんなことを経験してきた航大はすごく強いと思うんだ。
だから、また頑張ってください。

わたしの周りには、航大ブームが巻き起こってるよ(笑)
それも全部、みんなが航大のことを待っていて、大好きだからだと思う。

久々に見た航大もすっごくかっこよかったので、
ああ本当にこの人は間違いないと思いました(笑)

懐かしいなあ。本当久々にJJを思い出した。
航大を見たら、JJを大好きだった気持ちを思い出した。

本当におかえり。それからありがとう。
これからも応援してます。
J.J.Express - -
なにがあったの?
ねえ亀井くん、何があった?
せめて、明日の金八が終わるまでは、そんなことしちゃいけなくない?
そんなこと、って言うのは名前が消されるってことね。
仮にも、まだ、ジャニーズJr.の亀井拓でしょ?
亀井くんが何かを考えて、何かを決意して、
こういう結論になったのかもしれないけど、でも、何がそうさせたの?
プリクラ流失で、ここまでなっちゃうのかなあ?

分からないよ。ねえ亀井くん、わたし全然分からない。
わたしはあれぐらい、なんてことないと思うんだけどなあ…。
だって高木を見てごらんよ。亀井くんのプリクラなんて可愛いもんじゃん!

悲しい。J.J.Expressがどんどんいなくなってしまう。やだやだ。いやだ。
J.J.Express - -
引きずって悪いか
眠れないので、Ya-Ya-yah楽曲大賞のお話でもしようか。
ちょっと前にはてなの方で見つけて、これは絶対参加しなければ!と思って
そそくさと投票させて頂きました。こちらから飛べます。
はてなユーザーではないですがYa-Ya-yahの曲について暇なので語らせてください。

きっと長くなるので追記に。

続きを読む >>
J.J.Express - -
消えない言葉
2年前くらいかな?3誌のどれかで当時のJJが言っていたお話。

はっしーが「2年後にデビュー!」と言っていた。
それに対して龍ちゃんが「早いよ!僕まだ小6だよ!」とか言ってたかな。
そのあと、龍ちゃんだったかな?
「きっとこの9人もバラバラになっちゃうかもね」
とか言ったんだよなあ。そしたら裕翔だったと思うんだよね、
「そんなこと言うなよ!この9人でずっとやっていこうよ!」
って言ったの。言葉全然違うと思うけど、確かこんなニュアンスの話をしていた。
っていうのをふと思い出した。2年前の3誌が今手元にないから、
確かめる術がないんだけど。

なんだろう、龍ちゃんだって実際小6でデビューしたもんね。
あのときからはっしーはデビュー願望が強かったんだね。
こんな未来を誰が予想しただろう。
そのはっしーの言葉から、9/24泣いていたはっしーを思うと切なくなる。
きっとあの当時みんな思ってたよね。このメンバーで頑張っていこうって。
…って、また遠い目をしながら思い出&妄想に耽ってしまった。

ファンにつらい思いをさせない、そう言った高木の言葉も、
いつかこうやって思い出して何か思ったりするのかな。
そのときは、どういう瞬間に思い出すのかな。幸せなとき、だと良いな。

ねえ高木。はっしーとまた遊んでね。
あんなに仲良しだったんだから、また一緒にお買い物行ってね。
高木の家に呼んであげてね。お泊まりまたいっぱいすれば良いよ!
高木橋本の組み合わせが大好物です。
うんざりするほど、仲良しで居て欲しい!
J.J.Express - -
少年のままでいて欲しい
昨日4時間くらい橋本担とコムしてたんだよね。
橋本担と話してると、なんだかんだで結局JJの話になる。
J.J.Expressって本当に素晴らしいユニットだよねっていう話。延々と語ってるよ。
JJ以上のユニットはほんとわたしの中で存在しないと思ってるからね。
どんなにJUMPがでっかくなっても、ここは絶対譲れない。
だんだん過去になって、遠くなって、そのうち忘れちゃうんだろうなって思うと
すごく悲しくなるから、わたし達が生きてる限り、絶対忘れないでいようね、
っていうオチになりました。どんだけ壮大な話をしているんだろうね。
いやでもほんと、J.J.ExpressとYa-Ya-yahの良さだったら、
いくらでも語れるんだよ。語り尽くせない程、良さがあるんだよ。

たまたま見つけた翔央担の方のお話。
少クラで未だにヤーの衣装を着てる翔央。
それはきっと、Ya-Ya-yahがまた戻ってくるために、
また4人の居場所を取っておくために、翔央はずっとヤーの衣装を
着続けてるんだろうって、だから絶対Ya-Ya-yahは戻ってくるって、
わたしその文章見たときちょっと泣きました。
そうか。そういうふうに考えてるのか。ごめん、わたし全然違った。
むしろ翔央が可哀相だと思ってしまった。
この子の限界はいつ来るんだろうって心配で、
今この子をこんなにも支えてるもの、原動力って何なんだろうって思ってた。
何だか申し訳なくなってしまった。そういう考え方しかできなくて。
現実を受け入れてないだけと言われたらそれまでだ。
だけど信じてみてもいいんじゃないかな。
夢か現実かなんて、そんなのどっちでもいい。そのときはそのときだ。
ただ、J.J.ExpressとYa-Ya-yahが存在しててくれるなら、
それ以上は何も望まないし、ただそれだけでいい。それだけが望み。
あの場所が、大事なんだよ。簡単に、なくならないで欲しい。

この2ヶ月くらいで、やっと、本当に心からJUMPを応援できるようになった。
10人全員に愛情がある。本当に本当に10人が大好きだと思える。
と同時に、9/24の出来事を忘れてしまいそうでいやだ。

…という、まとまりのないお話。
J.J.Express - -
永遠だ
Ya-Ya-yahの公式HPのBBSを見てると、つらくて涙が出てくる。
こんなにたくさんの人達が、4人のYa-Ya-yahを愛していて、
4人という形を望んでて、ずっと4人であることを信じてる。

それが痛いほど伝わってくるから、あのBBSはほんと見てられない。
感動よりも悲しみの方が大きい。

ジュニア内ユニットは、長く続けば続くほどつらくなるんだよね。
こういうことがあるって分かっているから、
あんまりシンメ愛とかユニ愛とか固執したくないって思う。
つらくなるから。悲しくなるから。

でもね、J.J.Expressだけは別格だった。
こんな大好きなユニット他にないんだってば。

Ya-Ya-yahもそうだよ。本当に大好きなんだってば。
J.J.Express - -
愛してる
わたしはJ.J.ExpressとYa-Ya-yahが大好きです。

JJはきっと、いつまで経ってもわたしの中で一番のユニットだと思う。
7人のJJを、わたしは忘れないし忘れたくない。絶対に。
どんなことがあっても、わたしはJJが大好きです。忘れないよ。
Ya-Ya-yah担のわたしは、誰がとかじゃなく、とにかく4人が大好きだ。
ヤーのうしろで踊ってるJJは最高にかっこいいユニットでした。
だからヤーも大好きになりました。
あけおめコンから、大冒険、横アリとヤーのうちわ全部買ってるんだよ。
ほんとにほんとに好きなんだ、4人のYa-Ya-yahが。

どんなにHey!Say!JUMPがでかくなっても、
これでもか!ってぐらい引きずるからね。だって愛してるもん。
J.J.Express - -
これは夢なのですか?
とりあえず、昨日の夜からいろんなことがあって信じられない!
って思いと共にいろんな人とコムしてました。
コムしていろいろ語って、そしてわたしなりにたどり着いた結論。


結局、たどり着く先は高木雄也が好きだというこの気持ちだけだから、
それだけは絶対に揺るがないから、
だから、高木雄也がそこで歌って踊って喋って笑っているならば、
わたしはその姿をずっと見て行きたいと思うし全力で応援したい。
何より彼が笑っていればわたしも嬉しいし、頑張る原動力、
生きる糧になってるから。

だけど人間だから、辛いときもあるだろうし疲れるときもあると思う。
しんどいときもあるだろうし、悲しいとき、
もうやだって思うときもあると思う。
そういうときは、また立ち上がるための力の一部になりたいと思う。
彼がまた頑張ろうって思うための原動力の一部になりたいと思う。
きみはここで笑って、それでまたわたし達にキラキラした姿を見せてって
そういう場所はちゃんとあるんだよって伝えられる、
そんな大きなファンでありたいと思う。

…とかちょっと重いなw

とにかく!!!!
高木ももちろん好きだけど、同じぐらいJJも大好きなんだ。
ほんっとにあのユニが大好きなんです!
まだまだ足りない部分はたっくさんあると思うけど、
あのメンバーで、切磋琢磨して成長していく過程を、ずっと見ていきたい。
だから、JJが存在するなら何でも良い。
壊さないでくれればそれで良い。
それだけ。
嘘でもほんとでもどっちでも良いけど、
望むのはそれだけです。

ああもう今すぐ大声でJJがだいすきだあああと叫んで走り出したい(…)


これが、わたし含めわたしの周りにいるJJ担のたどり着いた結論。
J.J.Express - -
| 1/1 |